ホロチェーンとブロックチェーンは根本的に違うユースケースのために作られました。ブロックチェーンはグローバルなコンセンサス(複数ノードの合意)を保つ必要のあるシステムに適しています。ホロチェーンは グローバルなコンセンサスを必要としない(つまりほとんどのシステム)システムにブロックチェーンより遥かに適しています。この場合、ホロチェーンの方が圧倒的に早く、効率的であり、スケーラブルで柔軟性が高く、拡張的です。
ブロックチェーン誕生の遥か昔からハッシュチェーンとハッシュツリーというものが存在していました。ハッシュのような技術を使うと、データを追加・更新・削除していく上で、改ざん防止性が高くデータの整合性を保ったシステムが構築可能になります。上記のようなハッシュはデータが改ざんされたか、されていないかの参照材料になります。例えば、ハッシュを使って、ダウンロードしたいソフトウェアが第三者にウイルスなどで汚染されていないか確かめるために活用できます。
ホロチェーンでは、ネットワーク上のブロックチェーン台帳に変更があるたびにグローバルなコンセンサンスを保とうとするのではなく、一人一人のプレーヤーが個人の署名入りのハッシュチェーン(他とのプレーヤーと取引する場合は双方、相手方のハッシュチェーンに連署をします)を保ちます。自分のローカルにあるハッシュチェーンにデータが署名され登録された後、公共の場であるDistributed Hash Table(分散型ハッシュテーブル)に共有することが出来ます。このDHTでは参加しているノードすべてが同一のバリデーションルール(妥当性確認用ルール)を使用しています。これは、ブロックチェーンで各ノードが同じバリデーションルールを使用しているのと同じで、誰かがそのルールを破った場合DHTはそのデータの共有を却下し、不正を起こそうとしたノードはメインのネットワークからフォークされることになります。
当初のビットコインのホワイトペーパーはブロックチェーンを、分散的に仮想通貨取引のチェーンを生産するシステムとして世に出しました。主にこの技術は2つの問題(1つ目は取引が行われた順序及び時間の確定で、2つ目はチェーンに新しい取引を追加するノードのランダム化)の解決につながり、複数の取引内容を1ブロックにまとめ、最初に多大な計算量を要する問題を解いたものがそのブロックを既存チェーンに繋げることで報酬を貰うというイノベーションも生み出しました。
尚、現時点ではビットコイン及び様々なブロックチェーンソリューションが名を連ねており、大衆はこの分散型台帳技術がすべての分散型アプリのために使われるべきものであると認識してしまっているのが事実です。しかし、問題の定義を少し見直すことで我々がブロックチェーンで解決しようとしている問題には、コンセンサンスにより生じているボトルネックが無く、個々のノードがネットワーク全体で処理される全データを共有するというストレージ面での厳しさを省きつつ膨大な電気の消費を必要としないより高度で効率の良い解決策(ホロチェーンのような)が存在するのです。