ホロチェーンはネットワーク全体でのコンセンサンスを実装する必要が無いのでそれに伴う何百万というノード間で必要のないデータでシンクロさせる膨大なエネルギー費用がかかりません。
ホロチェーンがブロックチェーンより環境にやさしい理由は大きく2つあります。

1. 1つ目はホロチェーンがブロックチェーンの様にネットワーク上の全ノードをグローバルなコンセンサンスでシンクロさせる必要が無いからです。ホロチェーンはシャーディングというものを実装しています。例えば、複数のユーザーが取引をした場合、それぞれのチェーンに取引内容がデータとして登録されます。その上、某取引内容はDHTにもアップロードされます。(ランダムノードに後々再取得されるために格納されます)
このシャーディングはアプリごとにコンフィグが効きます。例えば、かのメッセージングアプリ「Slack」の分散型を作るとしましょう。40-50人のメンバーであれば、データの100%のシンクロ(つまりブロックチェーンのように各ノードが全データを保持する)は追加の帯域幅はオフラインでもメッセージ閲覧可能になったり読込時間の短縮のためであれば無駄にならないでしょう。
DHTのおかげでホロチェーンはブロックチェーンよりも一段と低い帯域幅で稼働できます。

2. ホロチェーンにはマイニングという概念が存在しません。ブロックチェーンのPOW(プルーフオブワーク)などのマイニングは膨大な電気を使い計算力のあるCPU又GPUを稼働させる必要がありコストが高い無駄な行為が多いです。ホロチェーンはこのようなマイニングという概念はありません。