ホロチェーンは従来ブロックチェーンのデータ志向よりもエージェント志向であるためトークン又はデジタルコインを作るには向いてません。
エージェントから独立して存在するトークン又コインはシステムがデータ志向である紛れもない証拠です。論理的にはトークン又コインを作ることは可能ですが、それはホロチェーンの魅力を活かさないのと一緒になります。それよりも、もっとホロチェーンを活かす愛でとしては相互貸方通貨を採用したシステムです。このようなアイデアはエージェント志向であり、アクティブな価値の交換そして、栄えたエコシステムになります。