エージェント中心的な考え方はデータをユーザー間での経験としてみなし確立した1オブジェクトとしてみなしません。
従来のブロックチェーンはデータ中心的です。このようなアプリはデータがユーザーから確立して存在しているものだとみなしています。それと比べてホロチェーンはエージェント中心的です。データをユーザー間で様々なバンテージポイントからからシェアされている経験の証としてみなしているのです。データを「個」としてみなしていません。アインシュタインは百年もの昔に我々が存在する物理の世界では事は相対的に存在しているものだと定義しました。それであれば、なぜ「最先端」といわれるブロックチェーンがデータは絶対的事実として存在するものだとみなし、複数のユーザーそれぞれデータの見方が違うことを受け入れないのでしょうか?
ホロチェーンはエージェント中心的です。この定義に従って生成されるアプリは、従来のブロックチェーンよりも更に協調性の高い何千倍も効率の良い分散型アプリが作れるでしょう。