理由は複数あります。複数の別々の技術から構成されていること、構造的にホログラフィックであること、そしてホリスティック(包括的)なパターンを可能にすることです。
統一された暗号技術
ホロチェーンは複数の暗号技術を新たな組み合わせ方で一つの技術としてまとめています。
 ハッシュチェーン:ハッシュチェーンはデータをイミュータブル(作成後変更不可能)に保持することにより整合性を常に保ち、チェーン所有者である各ノードの視点から決定的である時間系列を確証することが可能です。 技術的な正確な名称はハッシュツリーになります。ブロックチェーンもこの技術を使っており、ブロックツリーなどとは呼ばないので我々もホロツリーなどとは呼ばないようにしています。
 暗号署名:ホロチェーンでは各チェーン、メッセージ、バリデーションルへの暗号署名を行います。これは著作者の判明、データの起源、そして各データの最終的責任者の判明につながることになります。また、ホロチェーンでは他とのプレーヤーと取引した場合、双方相手方のハッシュチェーンに連署をすることになっています。これにより否認防止に繋がり各チェーンをロックするようなイメージで整合性を保つことが可能になります。
 DHT(分散型ハッシュテーブル):DHTはハッシュの特徴であるcontent-addressable-storage(内容アドレス記憶装置)を活用し近隣のノードに、アプリで定められるバリデーションルールを元にデータのハッシュを保持していく仕組みになっています。
ホログラフィックストレージ
ホロチェーンでは各ノードが全体像の一部を少しずつ保つような仕組みになっています。ホログラムを半分に切っても2つの完全なホログラムが出来上がるように、ホロチェーンのネットワークを仮に2つに切ったとしても(全体のノードの半分がもう片方の半分から切り離されたとき)ホログラムのように完全な2つのネットワークが出来上がります。
これは、我々の周りでも復元力の高い自然システムや社会システムで見かけられます。例えば、あなたのDNA どこに格納されているでしょうか?各細胞がそのコピーを持ち、各細胞の役割に沿って活用されています。
「英語」という言語はどこに格納されているでしょうか?話せる人1人1人が「持つ」ようになっています。人それぞれなまりが違ったり、使う分野で違っていたり、特殊な単語を使う人もいます。1人が「英語」という言語の100%コピーを持っている人はいませんし、頭の中で存在する英語の「バージョン」は人それぞれです。極端な話、現に英語を話す人口が半分に減ったとしても言語自体にあまり支障は出ません。
ホログラムというものは小さいものに切り刻んでいくと、最終的には小さすぎて画像自体が認識できないものになります。ホロチェーンも一緒で小さくどんどん切っていくと、DHTに格納されているデータは認識がしづらくなっていく仕組みになっています。しかし、ノードの切り離しが瞬時的でなければ、設定によってはDHTが切り刻まれたとしてもデータの復元が可能になります。
ホーラキー
ホロチェーンで生成されるアプリは他のアプリと容易に組み立てができ各アプリが全体を司る一部でありながらも独立した一部であるという、双方の機能を保持することが可能になります。言い換えれば、細胞がDNAを活用するために分散型である保存方法を採用し新たなパターンを生み出しているようにそして社会が言語という分散型である保存方法を採用し新たなパターンを生み出しているようにあるホロチェーンアプリは他のホロチェーンアプリが提供する分散型機能の上に作り新たなパターンを生み出すことが可能です。