ホロチェーンは以下のことに向いていません。
• 自分専用: 自分専用アプリを開発するのに分散型アーキテクチャは必要ありません。但し、例外として例えば自分が持っているデータを複数のデバイスで中央サーバー無しに共有したい場合はホロチェーンはあなたの役に立つでしょう。
• 匿名、機密、プライベートデータを扱うデータ: ホロチェーンは基本的にDHTという共有スペースにデータを共有する仕組みですので、セキュリティ監査や起源元の特定のためにDHT上のデータの所有者も判明しないとならないので基本的にホロチェーンでのデータはプライベートではありません恐らく近い将来いくつかのアプリケーションは匿名を可能にするレイヤーを(TORなど)を加えるでしょう。
• 大きいファイル: ホロチェーンはファイルシステムというよりもデータベースに近いフレームワークです。ですので、大きいファイル(動画など)を扱う場合はIPFSなどを使用するとよいでしょう。
• データ志向の強いアプリ: もしあなたが、データがエージェント(データ所有者)に紐づかれているものではなく、絶対的事実として存在するものだと認識しその前提でアプリケーションを作るのであればホロチェーンを使うのはあまりお勧めできません。