論理的には作れますが、我々はお勧めしません。
ユーザーのアクション又は信用(評価システムの採用などで)にに紐付けできる通貨や複式簿記を採用した通貨を実装しないのであれば、通貨を作るのにはホロチェーンは向いていないかもしれません。もし複式簿記を採用した通貨の特徴が理解できるのであればホロチェーンが提供するデータ妥当性又その機能を使いこなせるでしょう。
ただし、現在主流のネットワーク全体でのコンセンサンスや台帳の上で通貨を生み出すのはお勧めしません。通常ユーザーから別に存在するトークンや通貨のステータス(トークンの妥当性や存在有無など)を常に確認するために、ネットワーク全体でのコンセンサンスや台帳が必要になります。しかし、複式簿記を採用した通貨などフィアットよりも持続性のある通貨がホロチェーンで可能になります。
残念なことに、これは今でも通貨デザインや仮想通貨をよく理解していない方たちの間で熱い議論がされています。ですので、ここで我々のセオリーを説明することはしません。それよりもこの件に関してホワイトペーパを別に発表し更には我々のデザイン思考のもとに沿った通貨を発行する予定です。